/* もしもアフィ /* バリュコマ adosensu

寝かしつけプロジェクターおすすめ3選!読み聞かせや知育機能も!【0歳から】

2021年12月29日

寝かしつけプロジェクター おすすめ

子どもがなかなか寝てくれないんだけど…

 

寝かしつけが楽になるアイテムが欲しい!

という方の参考になれば幸いです。

 

ウチの長男(もうすぐ2歳)が、とにかく寝つきが悪いんです…。

 

5歳の長女は9時30分ごろには完全に爆睡モードなのに、長男は暗い部屋を歩き回ったり長女にちょっかいを出したり…。最終的に10時30分ごろ寝付きます…。

 

そんな寝つきが悪い長男のために購入したのが「寝かしつけプロジェクター」です。

 

寝かしつけプロジェクターって何?

寝かしつけプロジェクターは、天井などに映像をうつし、仰向けの状態で映像や音声を楽しむことができます。

 

布団に入ったまま、楽な姿勢で映像を楽しむことができるので、自然と眠りにつくことができます。

 

寝かしつけプロジェクターは2020年ごろから子育て世代の間でじわじわと普及しはじめ、最近では多くの商品が販売されています。

 

寝かしつけプロシェクターのメリット

寝かしつけプロジェクターのメリット

  • 寝るまでの習慣ができる
  • 知育教育としても便利
  • 親のストレスが軽減される
  • 寝るまでの習慣ができる

寝かしつけプロジェクターを使うことで、子どもが布団に入ってくれるようになります。

 

天井に映し出された映像を楽しみながら、いつのまにか眠りにつくことができるので、寝るまでの習慣が身に付きます。

 

知育教育としても便利

寝かしつけプロジェクター 知育

寝かしつけプロジェクターには眠気を誘う映像+音楽や絵本の読み聞かせなどが収録されています。

 

商品によっては、英語や数字の学習ができるものもあり、知育教育としても活用できます。

 

毎日英語を聞くことで、耳が英語に慣れて、自然とリスニング力を鍛えることができます。

 

子どもに人気のキャラクターが登場するので、子どもも楽しく自然な形で英語に触れることができます。

 

英語に触れる習慣が増えれば、「英語脳」が育てられます。

 

親がちょっとだけゆっくりできる

 

家事や育児、仕事など忙しい毎日のなかで、絵本の読み聞かせをする時間を確保するのはなかなか大変です。

 

一緒に布団に入って、プロジェクターの映像を楽しむことができれば、親の手間を最小限にしながら子どもと触れ合うことができます。

 

「寝かしつけに絵本を読む」。そんな気力がなくても、寝かしつけプロジェクターを使えば、子どもと過ごす時間を確保できます。

 

おすすめの寝かしつけプロジェクター3選

 

寝かしつけプロジェクターはたくさんの種類が販売されています。

 

どれを買えばいいのかわからないんだけど…

という方に向けて、おすすめの寝かしつけプロジェクターを3つご紹介します。

おすすめの寝かしつけプロジェクター

  • ドリームスイッチ2
  • キップキップ おやすみプロジェクター
  • おやすみホームシアターぐっすりメロディ

 

ドリームスイッチ2

「ドリームスイッチ」はセガトイズが販売している寝かしつけプロジェクター。

 

累計販売台数が30万代を越える、最も売れている寝かしつけプロジェクターです。

 

2021年10月に各種機能を改善した「ドリームスイッチ2」が販売され、Amazonの寝かしつけ用おもちゃカテゴリで売れ筋第1位となっています。(2021/12/25現在)

 

おやすみプロジェクターでも最新の機種になります。

 

ウチでも「ドリームスイッチ2」を使っています!

 

ドリームスイッチ2の特徴

  • 時計表示機能つき
  • ディズニーより32冊の絵本を収録
  • 絵本はすべて日本語と英語バージョンがある
  • 「あいうえお」「ABC」「数字」などの知育コンテンツも充実
  • リモコンでも操作可能
  • 電源はACアダプター

「おさるのジョージ」や「機関車トーマス」のソフトもあるので、子どもの興味に合わせて選ぶことができます。(ソフト単体の価格は3,500円程度と絶妙な価格です。)

 

ドリームスイッチ2は映像と音楽だけではなく、絵本の読み聞かせ機能もあります。日本語だけではなく英語版も収録されており、知育効果も狙えます。

 

地味ながら、リモコンで操作できるので、布団から出ずに電源のオンオフができるのも嬉しいポイント。

 

タイマーを設定することで、ミッキーのキャラクターたちがお話の時間を知らせてくれます!

 

ミッキーたちが子どもを上手いこと布団に誘導してくれます笑

 

家族で川の字になって、天井にうつった映像を見ながら眠りにおちるってなかなか幸せな時間ではないでしょうか。

 

電源がACアダプターなので、電池切れを心配しなくていいのもありがたいところです。

 

ドリームスイッチ2
機能
  • 絵本の読み聞かせ
  • 日本語、英語での読み聞かせ
  • あいうえお、ABCなどの知育コンテンツ
  • 10分/30分/60分のタイマー機能
  • リモコン操作可能
販売日 2021年10月
対象年齢 3歳以上
参考価格 20,000円前後

 

ドリームスイッチ2のクチコミ

 

 

 

 

Kipkip(キップキップ) おやすみプロジェクター

寝かしつけプロジェクター おすすめ kipkip

 

キップキップの「おやすみプロジェクター」は2021年2月に販売開始された寝かしつけプロジェクターです。

 

クラウドファンディングで資金調達を行って話題になっていました。

 

天井や壁に絵本をうつして絵本の読み聞かせをしてくれるプロジェクターになっています。

 

読み聞かせ+オルゴール調のBGMが子どもの眠気を誘ってくれます。

 

もちろん大人の眠気も…

 

キップキップの特徴

  • 優しい色合いで落ち着いたデザイン
  • 絵本30冊分のコンテンツ(本体+SD2枚セット)
  • リモコンで操作可能
  • 電源はACアダプター

kipkipの特徴として、高いデザイン性が挙げられます。

 

白を基調としたシンプルなデザインなので、部屋の雰囲気を壊すことなく設置しておけます。

 

リモコンで操作できるので、布団に入ったまま操作することができます。

 

電源がACアダプターなので、電池切れを心配しなくてOKです。

 

キップキップ(kipkip)
機能
  • 絵本の読み聞かせ
  • シンプルなデザイン
  • リモコン操作可能
販売日 2021年2月
対象年齢 3歳以上
参考価格 20,000円前後

 

おやすみホームシアター ぐっすりメロディ

おやすみホームシアターは、タカラトミーが販売している泣かしつけプロジェクター。

 

天井や壁に映像をうつし、心地よい音楽とともに眠気を誘ってくれます。

 

おやすみホームシアターの特徴

  • ディスクの入れ替えで色々な種類を楽しめる
  • 15分、30分、45分のタイマー設定が可能
  • リーズナブルな価格帯
  • 電源は電池式(単2×4本)
  • リモコンはない

おやすみホームシアターぐっすりメロディは、2019年6月に発売されています。

 

旧モデルのおやすみホームシアターとはディスクの互換性がないので気を付けてください。

 

他の寝かしつけプロジェクターと比較するとリーズナブルな価格で販売されています。

 

別売りのディスクを購入することで、様々な映像や音楽を楽しめるのもポイント。

おやすみホームシアター別売りディスク

  • スヌーピー
  • ワンワンとうーたん(NHK「いないいないばぁ」)
  • ミッキー

別売りのディスクも1つ1,000円程度と手を出しやすい価格帯です。

 

他の寝かしつけプロジェクターと比較すると、小さい子ども向けの内容になっています。

 

難点は、電池切れを心配しないといけないことと、リモコンで操作できない点です。

 

ベッドサイドに設置できる方なら、リモコンがなくても大きな問題ではないと思います。

 

乳幼児向けのリーズナブルな寝かしつけプロジェクターが欲しい方におすすめ!

 

おやすみホームシアターぐっすりメロディ
機能
  • 15分、30分、45分のタイマー機能
  • 電池式
販売日 2019年6月
対象年齢 0歳から
参考価格 7,000円前後

 

おやすみホームシアターのクチコミ

 

 


おすすめの寝かしつけプロジェクター:まとめ

「子どもがなかなか寝てくれない…」「どうにか寝かしつけが楽になれば…」と悩んでいる方は、寝かしつけプロジェクターを使ってみてください。

 

子どもの意識が天井の映像に向くので、自然と仰向けの体制になり、自然に眠りについてくれます。

 

金額としては安くないかもしれませんが、毎日使うもの、長期間使えるものなので、お金をかける価値はあります。

 

大人にとっても子どもにとっても、質の高い睡眠や睡眠時間の確保は重要です。

 

「お家のなかの小さな映画館」として、寝る前の時間が楽しくなります。

 

寝かしつけでイライラすることがある方にオススメです!

 

関連記事はこちらをどうぞ