/* もしもアフィ /* バリュコマ adosensu

マークローザM7(ミニベロ)を買ったのでレビュー!【自転車】

2021年5月30日

 

夫婦(カップル)で使える自転車ってないかな?
ちょいのり用のおしゃれな自転車がほしい!

 

そんな感じで4カ月ほど調べていたんですが、ついに先日ブリジストンのマークローザM7を購入しました!

マークローザM7を1カ月乗ってみたのでレビューしていきます!

 

安い買い物じゃなかったけどマジで買ってよかった!

 

運動不足の解消&ガソリン代節約にもなります!

 

 

自転車のタイプ ミニベロ(タイヤが小さい)
金額 45,800円(税抜)メーカー希望価格
乗車可能最低身長 145cm~(目安)
重量 14.2kg
変速機(ギア) 7段
カラー 6種類から選べる

 

自転車のタイプ:ミニベロ(小径車)

マークローザM7は、一般的に言う「ミニベロ」です。コンパクトな街乗り用自転車というイメージでしょうか。

 

ミニベロは、デザインがかわいいと言うのもありますが、ホイールサイズが小さいので、動き出しが楽チンです。

 

スピードは出にくいですが、チョイノリには最適です!

 

クロスバイクのような「本気感」がないので気軽に乗ることができます。カフェ巡りや日常の買い物にも使いやすいです。女性向きの自転車という言い方もできますね。

 

金額:45,800円(税抜)メーカー希望価格

メーカー希望小売価格に消費税を含めると約5万円…これはちょっと簡単に買える金額ではないですね…。

 

ネットで調べてみると、ネットの最安値でも送料込みで45,000円(税込)ほど。ミニベロは自転車のなかではコンパクトな方ではありますが、それでも大きいサイズの荷物になるので送料がそこそこ発生してしまいます。

なので、ネットの販売価格も、送料を含めるとそこまで安くならないという感じです。

 

 

乗車可能最低身長:145cm~

 

一応、145cmから乗れるということですが、実際145cmの方が乗るとややしんどいかな。両足のつま先がギリギリつくかなという感じになると思われます。

 

まぁ成人女性であれば150cm以上はある方がほとんどだと思うので、大きな問題ではないでしょう。

 

重量:14.2kg

 

14.2kgの自転車が軽いのか重いのかピンとこない…

 

ミニベロは10~13kgが主流です。そう考えると、マークローザM7はちょっと重い。ということになりますが、泥除けやライトなどが標準で装備されている(のちほど紹介)ので、それら装備が含まれていることを考慮すると合格点だと思います。

 

変速機(ギア):7段

ブリジストン マークローザ M7

 

ちょい乗り用自転車にギアなんているの?

 

ギアは確実に必要です!漕ぎだしは軽いギア、スピードに乗ったら重い(早い)ギアに変えることができないととにかく疲れます。

 

「漕ぎだした瞬間からギアが重かったらしんどい」のは分かると思います。同様に、「スピードにのった後も軽いギア」だと、とにかく早くペダルをこぎ続ける必要があるので、かなり疲れます。

そして、足の回転がかなり速くなるので、第三者から見たときにちょっと変な人になる可能性があります。

 

快適に自転車に乗るためにはギアは必須です。

 

カラー:6種類から選べる

マークローザM7は6種類のカラー展開!(カラーはブリジストンの公式サイトから確認してください)

一応列記しておくと、

  • グレイッシュミント
  • サンドピンク
  • ダークアッシュ
  • コバルトグリーン
  • カーキ
  • マットブルーグレー

の6色です。派手すぎないナチュラルな色味が多いです。

 

レビュー(外装・装備)

 

ウチが買ったのはマークローザM7のカーキです。いやはやめっちゃお洒落。

フレームが低めで女性でもまたぎやすい

 

サドルの位置が低くても、フレームの位置が高いと特に女性はまたぎにくいです。その点、マークローザのフレームは低めなので女性でもまたぎやすく設計されています。

 

 

ライトが標準装備

マークローザM7

 

意外かもしれませんが、ライトが標準装備の自転車は少ないです(学生の通学用自転車を除いて)。

 

サイクルベースあさひさんのサイトを確認しましたが、ライトが標準装備のミニベロは半分もなかったです。

 

「夜は乗らないからライトはなくてもいいかな?」という方も、冬場だと17時くらいには結構な暗さになるので必要性は高いです。

 

ライトには自分の進行方向を照らすだけじゃなく、車にコチラの存在を気付いてもらう意味もあります。

 

反射板もしっかり装備

ブリジストン マークローザ

マークローザ ミニベロ

 

反射板が3か所に標準装備されています。

安全性が高いので、高校生・大学生の通学用としても最適ですね!(高価ですが)

 

 

鍵も標準装備!

マークローザ M7

 

こちらも意外かもしれませんが、鍵が標準装備のミニベロは少ないです!スペアキーも2つ付いているので夫婦でシェアできるのもポイントは高いです。

 

もちろん鍵がコレだけでは心もとないので、ウチは↓のカギを追加購入しています。

マークローザ M7

 

サドルの下に装着できるタイプのワイヤーロックです。簡単に着脱ができて便利です。

 

 前カゴは付いていない

マークローザ ブリジストン

 

マークローザM7には前カゴが付いていません。フロントキャリアが付いているので、前カゴを購入すれば簡単に装着できます。

 

個人的には、前カゴがあるとデザイン的に崩れてしまうので、前カゴを付けるかどうかは実用面で考えると悩ましいところ。

 

今のところは前カゴをつけずに使い続ける予定ですが、不便さを感じたら追加購入します。

 

泥除けも標準装備

マークローザ M7

 

泥除けが標準装備が標準装備のミニベロは少数派です!

 

雨が降っているときに自転車に乗ることはないと思いますが、あって困る装備ではないので嬉しいポイントです!

 

 

サドル

マークローザ

 

この明るいブラウンのサドルがオシャレですね!やや細身のサドルがスポーティさをプラスしています。

 

一般的な通学用自転車やママチャリは広めのサドルが多いです。しかし、クロスバイクなどの本気系の自転車はもちろん、マークローザM7などのミニベロでも細めのサドルを使っていることが多いです。

 

サドルが細いと、ペダルの漕ぎやすくなる半面、長い距離を走るとお尻などが痛くなる方もいます。

 

ウチは今のところチョイ乗り(片道2~3km)だけなので大丈夫です!

 

ハンドル、ギア

ブリジストン マークローザ M7

 

サドルと同様、ハンドルもブラウン色。ボディ(フレーム)もカーキなので、落ち着いたアースカラーで統一されています。

ダークアッシュのみ、ハンドル・サドルのカラーは黒になります!

 

ハンドルはフラットハンドル。クロスバイクのような本気系の自転車とは異なります。カジュアルですが、ママチャリのハンドル(セミアップハンドル)よりも圧倒的にお洒落ですね。

 

セミアップハンドルは楽な姿勢で乗れるというメリットもあるんですけどね。

 

フラットハンドルは、信号などで止まる機会が多い街乗りに向いたハンドルです。

 

フレーム

フレームはカーキと言うことで、目立ちすぎず落ち着いた色合いです。白のラインも良い感じ。

 

「BRIDGESTONE GREEN LABEL」はブリジストン社の「おしゃれな街乗り自転車ブランド」です。マークローザM7以外にも、お洒落な自転車を取り扱っているので、気になる方は公式サイトをご覧ください。

 

日が差したときの色合いはこんな感じです。「MARKROSA」の表記も控えめでおしゃれ。

 

乗ってみての感想

 

乗り始めたばかりのころは、「結構お尻に振動がくるね~」と思っていましたが、何回か乗ると慣れます笑

 

ミニベロはタイヤが小さく、地面の凸凹の影響を受けやすい自転車なので、ある程度は仕方ないですね。

 

デメリットよりもメリットの方が圧倒的に多く、やっぱり気軽にヒョイッと乗れて、スイスイ~っと目的に着ける快適さは自動車よりも圧倒的に上ですね。

 

そして、マークローザのお洒落なデザインが、「目的地までの移動」を「ワクワク・ドキドキするステキな時間」に変換してくれます!

 

週末どこに行こうかが楽しみになります!

 

マークローザM7はこんな人におすすめ!

  • お洒落な自転車がほしい
  • チョイ乗りがメイン(片道10km以上などの長距離は走らない)
  • 夫婦やカップルで乗れる自転車がほしい
  • 買ってすぐ乗れる自転車が欲しい

基本的には今まで述べてきた感想のとおりです。

男女問わず使えるデザイン・カラーなので、小柄な自転車ではありますが、男性が使っていても全然違和感はありません。(さすがに180cm以上などの大柄な男性だと話は違ってくるかもしれませんが)

 

基本的な装備は網羅されているので、買った(届いた)その日から、自転車ライフを満喫することができます。

 

鍵を1個買い足したほうがいいかもしれませんが、それこそ「近くのホームセンターまで自転車で買いに行けばいいじゃん!」というお話ですね

 

 

逆におすすめできない人

 

  • なるべく安い自転車が欲しい
  • 軽い自転車がほしい
  • 長距離を走りたい
  • 体が大きい(180cm以上とか体重100kgを超えるとか)
  • 2階以上の建物に住んでいて、屋内で保管がしたい人

「長距離を走りたい」「毎日10km前後の通勤・通学で使いたい」という方にはあまりおすすめできません。

 

そんな方にはミニベロではなく、もっと乗り心地重視の自転車の方がいいと思います!

 

「アパートの3階に住んでるけど、屋内で保管したい!」という方にもおすすめはできません(エレベーターがあるなら話は別)。14kgの自転車をかついで、階段を上り下りするのは男性でもおっくうです。

 

2階以上の建物で屋内に保管したい方は、折りたたみのミニベロなんてどうでしょうか?

 

 

 

生活

Posted by maruman