/* もしもアフィ /* バリュコマ adosensu

ドリームスイッチ2とドリームスイッチ(旧)の違いとは?どっちを買うべき?

ドリームスイッチ2 違い

 

ドリームスイッチって旧型と新型があるみたいだけどどう違うの?

 

ドリームスイッチ2とドリームスイッチ1どっちを買えばいい?

と悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

ドリームスイッチには、「ドリームスイッチ(旧型)」と「ドリームスイッチ2(新型)」があります。

 

ドリームスイッチ(旧型):約15,000円
ドリームスイッチ2(新型):約22,000円

約7,000円の価格差があるため、どちらを買うべきか迷っている方も多いはず。

 

2,000~3,000円程度の価格差であれば、「とりあえず新型買えばいいよね!」と思えますが、7,000円というのはなかなか絶妙な金額です…。

 

セガトイズさん、価格設定うますぎです…

 

この7,000円の価格差と、ドリームスイッチの旧型・新型の機能の違いを考慮して、どちらを買うべきか考えていきましょう。

 

ちなみに私は「ドリームスイッチ2(新型)」を購入しました。

(関連記事)ドリームスイッチ2のレビュー!

 

ドリームスイッチ2をオススメする理由は、大きく分けて5つあります。

 

  • 読み聞かせの収録数が多い
  • 1話~4話までの連続再生ができる
  • リモコンに電源ボタンが追加されている
  • 本体とリモコンのボタンが蓄光するので操作しやすい
  • 英語機能が充実

特に「1話~4話までの連続再生ができる」のが大きすぎます。

 

詳しくは記事本文で解説していきます。

読み聞かせの収録数が多い

ドリームスイッチ2 違い

ドリームスイッチ2では、読み聞かせの収録数が30から64種類(英語版含む)とボリュームアップ。

 

さらに、日本語・英語の字幕も実装され、楽しみながら自然と英語に触れることができます。

 

読み聞かせ以外にも「あいうえお」、「ABC」、「ものの名前」など66のコンテンツが収録されており、合計130ものコンテンツが収録されています。

 

寝かしつけは毎日のことなので、お話の種類が多いのは大きなメリットです!

 

1話~4話までの連続再生ができる

 

ドリームスイッチ(旧型)では、読み聞かせが1話終わると電源が落ちる仕様になっています。

 

1話のお話で子どもが寝てくれればいいんですが、さすがにそう上手くはいきません…。

 

そうなると、1話ごとに電源が落ちてしまうのはあまりにも使いづらい…。

 

ドリームスイッチ2では、このデメリットが改善されて、1話~4話の連続再生が可能になりました!

 

単純計算で、睡眠効果は4倍になっています笑

 

4話再生したときの、総再生時間は約30分(お話ごとに長さは前後します)。

 

30分読み聞かせの時間があれば、眠りについてくれる子どもも多いはず。

 

ドリームスイッチ2の公式サイトでは、80%の方が「寝る前の習慣づくりに効果がある」と実感したとの結果が好評されています。

 

リモコンに電源ボタンが追加されている

ドリームスイッチ2 違い

 

ドリームスイッチ(旧型)のリモコンには、電源ボタンがついていません。

 

そのため、電源をオンするためには本体で操作する必要があります。

 

ベッドから近い位置に本体があれば、大きなデメリットではありませんが、それでも毎日使うものなので操作性の高さは重要です。

 

ドリームスイッチ2ではリモコンにも電源ボタンが追加され、操作性が向上。

 

布団に入ったまま、電源オンの操作ができます。

 

本体とリモコンのボタンが蓄光するので操作しやすい

ドリームスイッチ2 違い

ドリームスイッチ2では、リモコンのボタンが暗い部屋で光る(蓄光)するようになりました。

 

スマホの画面のようなまぶしい光ではなく、ぼんやりとした明るさなので、眠りの妨げになりません。

 

ボタンが蓄光しているので、寝室の電気を消したさいに、すぐにリモコンを見つけることができます。

 

英語機能が充実

ドリームスイッチ2 違い

ドリームスイッチ2では、英語による読み聞かせ以外にも英語に触れるコンテンツが充実しています。

  • えいごであいさつ
  • ディズニーアルファベット
  • ABCソング
  • すうじ

さらに、ネイティブによる英語のディズニー人気7曲や童謡6曲も収録されています。

 

毎日英語に触れることで、英語を聞きとるための耳を鍛えることができます。

 

大人も一緒に英語を学べます笑

 

結論:ドリームスイッチ2を買うべき!

ドリームスイッチ2 違い

ドリームスイッチ(旧型)とドリームスイッチ2には、約7,000円の価格差があります。

 

しかしながら、上記の違い(メリット)を考慮すると7,000円の金額差は高いものではありません。

 

特に「1話~4話の連続再生ができる」のは大きな違いです。

 

ドリームスイッチ(旧型)では、読み聞かせが1話終わると自動的に電源オフになってしまいます。

 

さすがに1話(5分~10分前後)では、まだ寝かしつけられていない場合も多くあります。

 

ドリームスイッチ2は読み聞かせが1~4話の連続再生ができ、時間にすると30分以上の再生ができます。

 

個人差はあると思いますが、30分もあれば子どもによってはしっかりと寝付いてくれます。

 

むしろ大人の方が爆睡してしまうことも多々あり…

 

ドリームスイッチ(旧型):約15,000円
ドリームスイッチ2(新型):約22,000円

どちらにしても安い買い物ではないので、7,000円をケチるくらいならドリームスイッチ2を買うべきだと思います。

 

22,000円は安い金額ではありませんが、安眠が手に入るなら検討する価値は十分にあります。

 

安眠の価値はプライスレスです!