/* もしもアフィ /* バリュコマ adosensu

幼児ポピーは先取りできる!先取りの方法とポイントを紹介!

2021年4月14日

幼児ポピー 先取り

 

幼児ポピーって先取りできるの?

 

幼児ポピーの先取りってどうやるの?

 

幼児ポピーの先取りをしたいんだけど、大丈夫かな?

と悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

 

ウチの娘も「年少クラスの4月からきいどりをスタート」⇒「12月からあかどりにコース変更(先取り開始)」という流れで、幼児ポピーの先取りを経験しました。

 

今も、「保育園の年中さんだけど、幼児ポピーはあおどり受講中」という感じで、幼児ポピーの先取りを行っています!

 

幼児ポピーを先取りした(している)経験を踏まえてアドバイスできればと思います。

 

 

幼児ポピーは先取りできるの?⇒(結論)できます!

幼児ポピー 先取り

 

冒頭で、すでに結論を出してしまっていますが、幼児ポピーは先取りが可能です。

 

「先取り」とは?幼児ポピーは、各学年ごとの教材が設定されています。

「先取り」は本来の学年を超えて、次の学年のコースを受講することです。

 

(当然、内容は難しくなるのでご利用は計画的に)

 

つまり、年少さんの子どもが「あかどり(年中コース)」を受講したり、年中さんの子どもが「あおどり(年長コース)」を受講したりすることが可能です。

 

 

「今のコース簡単すぎるなぁ」と思ったら、先取りを検討してもいいですね!

 

 

まずは先取りではなく、通常の(年齢に沿った)コースの受講をおすすめします!(理由はのちほど)

 

 

 

幼児ポピーで先取りする方法

幼児ポピー 簡単

 

幼児ポピーは入会時に、どのコースを受講するか選択することができます。入会時から先取りすることを決めているなら、その時に希望するコースを指定すればいいだけです。

 

ですが、最低限、無料の資料請求や一カ月お試しをやったうえで、テキストの難易度と子どもの能力を確認してから先取りするかどうか判断してください。

 

いきなり難易度の高いテキストが届いても、子どものやる気は出ませんよ…

 

 

まずは通常どおりのコースで始めたほうがいいかと思います!

 

 

 

 

年度の途中でも先取りが可能!

幼児ポピー 先取り

 

幼児ポピーは年度の途中でも先取り(コース変更)が可能です。

 

先取り(コース変更)の方法は、電話で行います。

 

え?令和の時代に電話で手続きするの?

 

という声が聞こえてきそうですが、電話で行います苦笑

 

幼児ポピー 先取り

 

以前、メールで住所変更とコース変更の依頼をしましたが、「ポピーパーソナルサービスへお問い合わせください」との返信が…苦笑

 

もちろん、電話するとスムーズに先取りの手続きができましたが、令和の時代に電話で手続きするというのはなかなか驚きでした。

 

 

ウチのように、年度の途中でもコースの変更が可能なので、まずは先取りせず通常のコースを受講することをおすすめします。

 

 

幼児ポピーの先取りをおすすめするのはこんな方!

幼児ポピー 先取り

 

幼児ポピーの先取りは誰にでもおすすめできるやり方ではありません。

  • 子どもの学力やモチベーションが高く、通常のコースだと簡単すぎる方
  • 親が隣に座って、ゆっくりと学習できる時間が取れる方

 

上記の2つの要素がある程度満たせない場合は、幼児ポピーの先取りはおすすめできません。

 

 

子どもの学力やモチベーションが高く、通常のコースだと簡単すぎる方

 

幼児ポピーの先取りをするにあたっての大前提ですが、ある程度の子どもの学力とモチベーションが必要です。

 

あんまり勉強にノリ気じゃない子どもに「先取りやらせてみよう!」ってそれはちょっと…

 

 

ウチの場合は、きいどりのテキストをほぼ1日で終わらせてしまっていたので、「これはちょっと勉強の習慣化になってないな…」という反省から、年度の途中であかどりコースに変更しました。

 

正直、特別に娘は頭が良いとかではないです。ただ、割と嫌がらず机に座っているのと、そこそこ集中力はあるかなという感じです。

 

 

「先取り」と聞くとなんかカッコよさげですが、親のエゴでやらせることがないよう気を付けたいところです!(ウチは「娘がしんどそうならいつでも通常コースに変える」という前提で、先取りしてます。)

 

親が隣に座って、ゆっくりと学習できる時間がとれる方

 

先取りしていなかったときは、子どもがテキストを進めるときに、各問題の解き方・考え方などをパパっと説明すれば「ハイハイ!分かった!」と説明し終える前に手が動いていた娘。

 

そんな娘も、先取りするとさすがに頭を使うようで、説明を最後まで聞くようになりました。もちろん、説明する私自身も、「どうやったら娘が理解しやすいか」を考えて説明するよう気を付けています。

 

元塾講師として働いていた経験が活きてます!(10年以上前ですが…)

 

 

先取りをすると問題が難しくなり、子どもがちょっと考え込むシーンも増えます。適切にヒントを出しつつ、子どもが考える余地も残しつつ進めていくのがベターなので、通常コースよりも手がかかってしまいます。

 

「なるべく自分で解いてほしい!」という方は通常コースの方がいいかも!

 

 

幼児ポピーの先取りについて:まとめ

幼児ポピー 簡単

 

幼児ポピーは次の学年の先取りが可能です。

 

年度途中でもコースの変更が可能なので、まずは先取りをせず通常のコースで始めてみるのがおすすめです!(年度途中のコース変更は電話で行います。)

 

幼児ポピーの先取りをすると、問題が少し難しくなってしまうので、親がしっかりとケアする必要があります。

 

子どもの様子を見ながら、先取りをした方がいいのかどうか慎重に考えてください。

 

 

親のエゴで先取りすることがないよう気を付けてください!

 

 

教育

Posted by maruman